最新の電子タバコ情報まとめ

VAPEで禁煙を始めよう

VAPEの日本の規制

VAPEの日本の規制 電子タバコの一つである「VAPE」に関する日本国内の規制は、現在のところ医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)に基づくものと、未成年者喫煙禁止法に基づく未成年者の販売制限のみです。
薬機法では、法令で指定されている成分が含まれる製品を製造・販売する際には所轄官庁である厚生労働省からの許可が必要となっており、ニコチンがその成分の中に含まれているからです。
ただし、外国の医薬品を個人輸入する場合と同様に、ニコチン入りのリキッドは一定の量までであれば本人のみが使用することを条件に輸入することが可能となっているため、VAPEにかけられている規制は事実上存在しないと考えた方が良いでしょう。
なお、現在世界各国で電子タバコに購入や使用に関してルールを定める動きが進んでいます。
日本でもこれから様々なルールが議論される可能性があり、将来ルールが制定されるとVAPEの販売や使用が自由にできなくなるおそれがあります。

VAPEリキッドの日本への持ち込みは注意しなければならない点があります

VAPEリキッドの日本への持ち込みは注意しなければならない点があります VAPEはベープまたはベイプと読み、蒸気を吸うことを意味したり、電子タバコを吸うことを意味したり、電子タバコを吸う器具そのものを意味することもあります。
このようにVAPEは電子タバコの一つなのですが、愛煙家なら、吸って煙の出る新しいタバコにどんな感じなのだろうと興味があると思います。
通常の紙巻きタバコは火をつけてタバコの葉を燃やして吸いますが、これは中に入っているバッテリーから電気を供給し電熱コイルで熱を作ります。
VAPE内にはリキッドと呼ばれる香り付きの液体を入れ、その熱で蒸気にして吸います。
水蒸気に含まれる香りを楽しむものです。
煙の出る量などを調節する機能が付いているものもあります。
不思議なことにリキッドの変わりに水だけをいれても煙は出ることはありません。
本体とリキッドは日本国内でも購入可能ですが、海外でも販売しています。
しかし海外で購入する時には注意点があります。
リキッドの中にニコチンが含まれているものは日本への持ち込みが制限されているのです。
国内では毒物に指定されているためです。
他人へ渡すことも禁止されています。
そういった面に気をつけて利用しましょう。

新着情報

◎2018/12/7

甘くないならメンソールがおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「電子タバコ 規制」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2018 VAPEで禁煙を始めよう. All Rights Reserved.